開催概要

映画の空気は、あの前田敦子さんを札幌にお迎えした「前田敦子さっぽろシネマフェスティバル」を開催します!
 
 前田敦子さんは2012年にAKB48を卒業してから女優へと活躍の場をうつして10年が経ちました。これまで様々な作品に出演され、様々な監督と一緒に作品を作られてきた数は、映画だけで36作品(卒業前を含む)。黒沢清監督はインタビューで「本当に女優になってくれてよかった。女優に興味がないと言われたら、日本映画界の大損失だった。」と述べられています。
 
 映画の空気ではそんな前田敦子さんを特集して、今はどんな考え、気持ちで女優として活動されているのか、前田敦子さんご自身の映画愛を含めてお聞きしたいと思いました。
 
 映画祭というのは映画の作り手と観客がコミュニケーションを取れるとても貴重な機会です。俳優ご本人が来札して、トークイベントの時間をしっかり取るのが映画の空気の上映会スタイル。今回もその時間は合計120分以上!前田敦子さんの出演作をみんなで一緒に観て、映画についての様々な想いを直接お伺いしたいと思います。
 
○プログラムA テーマ「女優と映画監督」:黒沢清監督との対談
○プログラムB テーマ「恋愛映画」:前田さんオススメの恋愛映画
○プログラムC テーマ「これからの前田敦子」:今後はどんな女優さんに?
前田敦子さんへの質問を募集中!
 
開催は2月の札幌です。札幌らしい冬の季節に「前田敦子の映画の空気」をお楽しみください。

メインビジュアル

イラスト:真吏奈(Marina)
デザイン:溜 美香 commono株式会社
 
フライヤーはこちら。
 

プログラム

#PROGRUM A PROGRAM A #PROGRUM A PROGRAM A #PROGRUM B PROGRAM B #PROGRUM C PROGRAM C PROGRAM D PROGRAM D


2/3(金)

12:00 開 場
13:00 『もらとりあむタマ子』
14:20 休 憩
14:30 『Seventh Code』
15:30 トークテーマ「女優と映画監督」45min前田敦子 x 黒沢清監督】
16:20 終 了


2/3(金)

17:00 開 場
17:30 『イニシエーション・ラブ』
19:20 トークテーマ「恋愛映画」45min前田敦子+抽選で3名様にサイン】
20:10 終 了


2/4(土)

12:00 開 場
13:00 『もっと超越した所へ。』
15:00 トークテーマ「これからの前田敦子」45min前田敦子】
15:50 終 了


2/4(土)

16:30 開 場
17:00 前田敦子からご挨拶
   『  ?  』
    前田敦子セレクト作品
18:50 終 了

  ※全席指定席
  ※完全入替制
 


2013/78min

もらとりあむタマ子

前田敦子 康すおん 伊東清矢  鈴木慶一 中村久美 富田靖子
監督:山下敦弘 脚本:向井康介
主題歌:星野 源 「季節」(SPEEDSTAR RECORDS)
©️2013『もらとりあむタマ子』製作委員会

2014/60min

Seventh Code

前田敦子、鈴木亮平、アイシー、山本浩司
監督・脚本:黒沢清
主題歌:前田敦子 「Seventh Code」(KING RECORDS)
©️2013AKS

2015/110min

イニシエーション・ラブ

松田翔太、前田敦子、木村文乃、三浦貴大、前野朋哉
監督:堤幸彦 原作:乾くるみ
©️2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会

2022/119min/PG12

もっと超越した所へ。

前田敦子、菊池風磨、伊藤万理華、オカモトレイジ、黒川芽以、三浦貴大、趣里、千葉雄大
監督:山岸聖太 原作・脚本:根本宗子
主題歌:aiko 「果てしない二人」(PONY CANYON)
公式サイト
©️2022『もっと超越した所へ。』製作委員会

前田敦子
監督:〇〇〇〇

チケット


プログラムA,B,C 4,400円
プログラムD   1,900円
※全席指定席 →座席表
※完全入替制

映画の空気 会員先行発売
12/24 10:00 ~ 1/2 24:00
・先着順にて前方席より配置
通し券の限定発売あり(1500円割引
・会員価格(10%割引:3960円
・会員専用サイトのみで販売映画の空気 会員専用サイト
 
映画の空気の会員制度を上手く使うコツ!

一般発売
1/7 10:00 ~ 2/1 24:00
道新プレイガイド、札幌市民交流プラザチケットセンターにて販売


会  場


共済ホール
札幌市中央区北4条西1丁目1 共済ビル6階
Google Map
※提携駐車場はございません。
※地下鉄札幌駅 23番出口直結


MAEDA ATSUKO

GUEST

ゲスト

前田 敦子

1991年千葉県生まれ。アイドルグループ「AKB48」の第1期生として2012年まで活動。卒業以降は、テレビドラマや映画、舞台に多数出演、女優として活躍している。19 年に映画『旅のおわり世界のはじまり』と『町田くんの世界』で第43 回山路ふみ子映画賞女優賞を受賞。NODAMAP 24 回公演『フェイクスピア』(21年)で野田作品に初参加。近年の映画出演作に、『コンビニエンス・ストーリー』『もっと超越した所へ。』(ともに22年)など。公開待機作に、『そして僕は途方に暮れる』(2023113日公開予定)『あつい胸騒ぎ』(2023年1月27日)がある

出演作品

 
2023年 「あつい胸騒ぎ」まつむらしんご監督
    「そして僕は途方に暮れる」三浦大輔監督

 
2022年 「そばかす」玉田真也監督
    「もっと超越した所へ。」【主演】山岸聖太監督
    「コンビニエンスストーリー三木聡監督

2021年 「DIVOC-12「睡眠薬のすすめ」加藤拓人監督

    「くれなずめ松居大悟監督
    「バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜」松居大悟監督
    「劇場版 奥様は、取扱注意」佐藤東弥監督

2020年 
「コンフィデンスマンJP プリンセス編」田中亮監督

2019年 「葬式の名人」【主演】樋口尚文監督
    「旅のおわり、世界のはじまり」【主演】黒沢清監督
     (第72回ロカルノ国際映画祭クロージング作品)
    「町田くんの世界 」石井裕也監督
    「コンフィデンスマン JP ロマンス」田中亮監督
    「マスカレード・ホテル 」鈴木雅之監督

2018年 「食べる女 」生野慈朗監督
    「素敵なダイナマイトスキャンダル」冨永昌敬監督
    「のみとり侍 」鶴橋康夫監督

2017年 「探偵は BAR にいる3 」吉田照幸監督
    「散歩する侵略者 」黒沢清監督
    「武曲 MUKOKU 」熊切和嘉監督

2016年 「シン・ゴジラ」庵野秀明総監督・樋口真嗣監督
    「モヒカン故郷に帰る 」沖田修一監督

2015年 「イニシエーション•ラブ 」堤幸彦監督
    「さよなら歌舞伎町 」廣木隆一監督

2014年 「神さまの言うとおり 」三池崇史監督
    「エイトレンジャー2 」堤幸彦監督
    「Seventh Code 」【主演】黒沢清監督
     (第8回ローマ国際映画祭「最優秀監督賞」「最優秀技術貢献賞」)

2013年 「もらとりあむタマ子」【主演】山下敦弘監督
     (2013 年釜山国際映画祭正式出品)
    「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ 」ナレーション
    「クロユリ団地」【主演】中田秀夫監督

2012年 「苦役列車 」山下敦弘監督 

2011年 「もしドラ~もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら~ 」【主演】田中誠監督

2008年 「那須少年記 」初山恭洋監督

2007年 「伝染歌 」原田眞人監督
    「あしたの私のつくり方」市川準監督

黒沢 清監督

1955年兵庫県神戸市生まれ。1980年立教大学社会学部卒業。大学時代から8ミリ映画を撮り始め、長谷川和彦、相米慎二に師事。『CURE』(1997)で世界的に注目され、『回路』(00)で第54回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞。以降も、『アカルイミライ』(02)、『トウキョウソナタ』(08)、『岸辺の旅』(14)などで国内外から高評価を得る。その後も自身初のフランス映画『ダゲレオタイプの女』(16)、第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門出品、および芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した『散歩する侵略者』(16)、第72回ロカルノ国際映画祭クロージング作品『旅のおわり世界のはじまり』(18)など話題作多数。『スパイの妻』(20)は第77回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した。1997年より映画美学校講師、2005年より東京藝術大学大学院映像研究科教授を務める。

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願い致します。

返信にお時間を頂く場合がございますので、ご了承ください。
主催:株式会社 映画の空気 後援:札幌市、札幌市教育委員会
トップへ